読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【K/36.2016】コロボックル絵物語(有川浩)

講談社 (2014/4/16)

 

実は有川浩さんを全然知らない頃に、

これを児童書で発見して読んでたんです。

 

子供たちが絵本を選ぶのを横目で見ながら

児童書の本棚を何となーく見ていたら、

全然借りられていない(か、もしくはすっごく新しいか)雰囲気の

本があって、何となーく手に取ってみたら、

 

「コロボックルか…。確かにこのコーナーでは借りる人いなそ。」

 

ってことでわたしが借りてあげたんです(おいおい)

 

 

コロボックル大好き(だった)人たちには不評もあるみたいですが、

わたしは好きでしたね。

なんか好きでした。

 

有川浩さんの語り口が(わたしにとって)読みやすいんだろうな。

 

そんなこんなでこの後、映画の影響で借りた図書館戦争

有川浩さんだったってんでびっくり。

 

わたしずっと本が好きだった、って思っていたけど、

思えば中学に入ってから漫画ばっかりで、

全然本なんて読んでいなかったのかも。