【K/36.2016.12.16】ナイルパーチの女子会(柚木麻子)

文藝春秋・2015.3.30

 

 

石田衣良が絶賛していた本だったので読んでみました。

実のところ「アッコちゃん」シリーズのネーミングが嫌で

この方の本は読む気がしていなかったのですが、

 

が!!!!!

 

オーモーシーローイーーー!!!

 

ドキドキハラハラさせるし、

ぞくっとするし、

ゆるっとしたところもあるし、

テンポが絶妙で、最後まで読まされてしまいました(負)。

 

今まで何てソンをしていたんだ…

ありがとう石田衣良さん。

 

===============

「友達」って何でしょうねえ。

わたしは、TTとの会話の中で「友達だった人」というような

形容の仕方をする時があります。

 

学生時代は「友達のような人」がたくさんいて、

でも今思い返すと「ベツに友達じゃなかったかも〜」と思います。

 

学生時代は、不変の関係に憧れていましたね。

一番大切に思って、一番大切に思われる。

そしてそれがず〜〜〜〜っと変わらない。

 

そういう人がいないと生きている意味がないと

思っていたのを思い出しました。

 

今はあんまりないなあ。

 

随分変わったもんだとシミジミ思わされました。